東北地区環境教育研究会(日本環境教育学会東北地区懇談会)のお知らせ

平成28年1月26日
関係各位
斉藤 千映美(宮城教育大学)
溝田 浩二(宮城教育大学)
東北地区環境教育研究会(日本環境教育学会東北地区懇談会)のお知らせ 
 平素より本学の教育活動に暖かいご支援とご指導を頂き心より感謝申し上げます。
 さて、以下のとおり東北地区環境教育研究会(日本環境教育学会東北地区懇談会)を開催いたしますので,何卒ご参加をご検討頂けますようお願い申し上げます。

記 
日 程:平成28年2月20日(土) 10:00-15:40
場 所:宮城教育大学210番教室(2号館1階)
参加費:無料
申 込:申込書に必要事項を記入の上、電子メールでお申し込み下さい。(2/5〆切) 
内 容:別紙のとおり






東北地区環境教育研究会(日本環境教育学会東北地区懇談会)要綱
主旨: 
 地域を取り巻く多様な社会環境の変化に加えて、東日本大震災は東北地区の環境教育に多様な角度からの見直しを迫ることになりました。また2014年にはDESDが節目を迎え、環境教育にも新たな枠組みの構築が期待されています。そこで東北地方の環境教育の原点に立ち返り、自然との対話を深めること、地域のネットワークづくりに挑戦し、広域の連携を進めたいと考えました。
 つきましては、東北6県の環境教育学会員による懇談会の開催を提案させていただきます。その1回目として、宮城県においてステークホルダーの交流・情報交換を行い、東北地方における環境教育の活性化を進めます。

概要: 
日 程 平成28年2月20日(土) 10:00-15:40
場 所 宮城教育大学210番教室(2号館1階) 
主催 宮城教育大学環境教育実践研究センター 
共催 日本環境教育学会
参加費  無料  



申込方法: 
申込書に記入の上,電子メールでお申し込み下さい。 
参加申込締切:平成28年2月5日(金) 
(お弁当申込 2月15日(月)まで) 
話題提供申込締切:平成28年1月22日(金) 

申込・問い合わせ先: 東北地区環境教育研究会(日本環境教育学会東北地区懇談会) 福井恵子・齋藤有季 
 〒980-0845仙台市青葉区荒巻字青葉149 
宮城教育大学環境教育実践研究センター (022-214-3679) 



 テーマ: 
東日本大震災後の環境教育 
〜自然との対話・ESD・復興〜 

 研究会プログラム(予定): 

午前の部 
 10:00 学長あいさつ 見上一幸(宮城教育大学)
 10:05 趣旨説明 斉藤千映美(宮城教育大学)
 10:10-10:40 基調講演
   次期学習指導要領と環境教育 諏訪哲郎(日本環境教育学会会長・学習院大学)
 10:40-11:00
   東日本大震災から何を学ぶのか〜「3.11あの時」ヒアリングを通して〜 小山田陽菜(EPO東北)
 11:00-11:20
   東北の自然と震災の教訓を生かしたESD/ユネスコスクールの展開 及川幸彦(宮城教育大学)
 11:20-11:30   休憩
 11:30-11:45
   地域協働型環境教育の推進 柳川春奈(仙台市環境局)
午後の部
 13:00-15:30 学会員による話題提供(1人10〜15分程度) 
   復興と自然体験 〜野外教育の立場から〜 岡田 成弘(仙台大学体育学部
   幼児教育におけるESDカリキュラムの考え方と実践について 小野瀬剛志(仙台青葉学院短期大学
   福島第一原発事故の教訓を伝える施設の取り組み 後藤忍(福島大学 共生システム理工学類
   未利用バイオマスを活用した環境学習 西城潔(宮城教育大学)
   自然再生参加型エコツアーについて 渋谷晃太郎(岩手県立大学総合政策学部
   間接エネルギーの授業開発-概念理解に焦点を当てて- 野澤敬之(東北町立東北中学校
   3年間の再生可能エネルギー教育の経験から 樋口登(福島高専)
   岩手大学初年次自由ゼミナールの取り組み-「大震災が子どもの自然観に与えた影響」紹介- 比屋根哲(岩手大学)
   秋田でのとりくみ、あれこれ 蒔田明史(秋田県立大学生物資源科学部生物環境科学科
   「道草を食う」ことの意味-環境教育・防災教育・食教育の視点から- 溝田浩二(宮城教育大学)
   問題解決をめざす北上川流域での環境学習事例 山田一裕(東北工業大学工学部

(50音順)
 15:40 閉会・解散(予定)  

*プログラムの詳細は後日お知らせします。

会場アクセス
980−0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149 宮城教育大学 210番教室(2号館1階)

〈地下鉄東西線〉
「仙台」駅から「八木山動物公園」行き乗車、「青葉山」駅下車
(乗車時間9分・料金250円)
「青葉山」駅「北1出口」から徒歩訳7分
案内図.png

東北地区環境教育研究会(日本環境教育学会東北地区懇談会)参加申込書(2/5締切)

下記のとおり研究会に参加を申し込みます・

⚪お弁当(600円)  要(   個)・不要 
 *当日は大学生協が閉店しており、近隣に飲食店・コンビニ等はありません。

 ⚪参加者の情報 
1. 氏名(           )   
2. 所属等(           )  
3. 日本環境教育学会 (会員・非会員) 
4. 連絡先(電子メールアドレス) _______@___________ 
5.その他(                            )

〒980-9845
仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学
環境教育実践研究センター
TEL:022-214-3679
FAX:022-214-3679

総閲覧者数:



現在の閲覧者数: