本学では、国際教育のための資源(人材、教材、情報等)を学校教育へ還元する方策について、仙台市教育委員会、小中学校の有志教員と共に、提案モデル授業やシラバス作成に関する検討を進め、毎年、国際シンポジウムを開催して参りました。
 今年度は、「国際教育から見える地域コミュニティ〜震災後の東北から考える持続可能な社会〜」をテーマに下記の要領にて開催させていただきます。基調講演とともに、模擬授業等のグループワークをおこなう予定としております。
 是非、ご参加下さいますようお願いいたします。
  ※申込み期限を1月30日(木)までに延長いたしました。残席がある場合は当日の参加も受け付けます。

国際教育シンポジウムチラシ(pdf)

1.日 時 平成26年2月1日(土)

2.会 場 仙台市青葉体育館
      〒981-0912 宮城県仙台市青葉区堤町1−1−5
      電話 022-717-1191  FAX 022-717-1533
 
3.主催・共催・後援
  主催:宮城教育大学 
  共催(予定):仙台市教育委員会、宮城県教育委員会
  後援(予定):仙台市小学校教育研究会、仙台市中学校教育研究会、宮城県国際理解教育研究会、JOCA、JICA東北

4.対 象:教員・一般・学生

5.参加費:無料

6.日 程(予定)
 12:30  受付開始
 13:00  開会式 
 13:10  講演
 14:10  休憩
 14:40  グループワーク
 16:00  閉会式
 
7.基調講演(13:10〜14:10)
  「イギリスから福島へ、本当のふるさとは何?」
○講師:根本アリソン 氏(宮城教育大学) 
※プロフィール:
 英国のLeeds Metropolitan Universityの教育学部を卒業(現在University of Yorkの修士課程に在籍中)。福島県内で英語指導助手,国際交流指導員,英語講師等を長年務める。震災時は福島県大熊町教育委員会に勤務しており自ら も被災。小学校での避難生活を送りながらALTとして南相馬市で小学生に英語を教える。現在、宮城教育大学特任准教授として小学校外国語活動や英語教育講 座を担当する傍ら,学生と震災関連のボランティアにも精力的に取り組んでいる。

8.グループワーク(14:40〜16:00)
◎分科会1:防災副読本を活用した模擬授業(仙台市立桜丘中学校教諭 松下武士)/海外の防災事情(仙台市立岩切中学校ALT カールステン・コノハ、仙台私立西多賀中学校ALT レジナ・ロクヤン・ソ)
 小学校からは、防災と外国語活動を組み合わせた実践を模擬授業形式でご紹介します。中学校からは、海外の防災事情について,ALTの話を交えて紹介します。

◎分科会2:青年海外協力隊の経験を活かした震災後の地域再生支援
 震災直後から青年海外協力協会(JOCA)は東北各地で復興支援活動を進めています。今回は、名取市と岩沼市を中心に支援活動に当たられている山本耕輔氏と青木淳氏(共に青年海外協力隊経験者)をお招きし,復興支援の現状や課題,そして地域再生に向けての支援の在り方について議論します。

※同時間帯に2つのグループワークをおこないますので、参加希望テーマの申込みをお願いいたします。

9.その他
(1)申し込み用紙に学校名、氏名、参加を希望するグループワーク
分科会1:防災副読本を活用した模擬授業/海外の防災事情〜
 もしくは
分科会2:青年海外協力隊の経験を活かした震災後の地域再生支援
 を記入し、郵送またはFAX、E-mailにてお申し込み下さい。会場準備の都合上、1月26日(日)→1月30日(木)までにお申し込みいただくようお願いいたします。残席がございます場合、当日参加も可能です。お問い合わせは、宮城教育大学 桔梗(ききょう)まで。
〒980-0845仙台市青葉区荒巻字青葉149番地宮城教育大学内国際教育のための資源活用を進める連携会議事務局
TEL/FAX:022−214−3679 
E-mail:

※申込用紙は下記をダウンロードしてご利用ください。
・セミナー申込み用紙(WORD)
・セミナー申込み用紙(pdf)

(2)仙台市内の参観者の方は、名札をお持ち下さい。市外参加者の方には、受付で名札をお渡ししますので、校内で着用いただくようお願いいたします。

(3)会場案内
◎地下鉄・JRの場合:北仙台駅徒歩5分
  
※仙台市青葉体育館の地図はこちらのホームページをご覧下さい。

  仙台市八木山動物公園において、本センターのラザロ・エチェニケ協力研究員、溝田浩二准教授が下記イベントの講師をおこないます。

 ・日時:12月21日(土)13:00〜15:00
 ・場所:仙台市八木山動物公園 ビジターセンター研修室
 ・テーマ:「生きた化石、キューバソレノドン 地域住民が守るキューバの自然」
 ・費用:八木山動物園の入場料がかかります
 ・定員:50名(先着)
 ・申込:12月6日(金)午前9時〜 電話またはFAX、E-mailで
 ・問い合わせ:八木山動物公園 
  TEL:022-229-0122、FAX:022-229-3159、Email:ken010310@city.sendai.jp

 ※HPはこちらをクリックしてください

12event.jpg

 2013年12月1日(日)に仙台メディアテークにおいて、「環境フォーラムせんだい2013」が開催されます。
 「環境フォーラムせんだい」は、環境活動団体・企業・市民などが連携して企画・運営をおこなっており、 環境問題について分かりやすく、楽しく体験し、学ぶことができるイベントです。
 リサイクル小物づくりやごみ分別ゲームで楽しく学べる3R、「四ツ谷用水」や「いぐね」など、仙台ー杜の都ーをつくった自然・まちの文化、すぐに役立つエコ診断・エコアイテムの紹介などなど・・・環境に関するさまざまな企画がおこなわれます。
 宮城教育大学環境教育実践研究センターでは、「里山の自然ふたたび」と題し、体験型ブースの出展をおこないます。
 是非、皆様お越しください。
 イベントの詳細はこちらをご覧下さい。

「環境フォーラムせんだい2013 残したい地球 創りたい未来 みんなで咲かせよう環境の花」

・日時:2013年12月1日(日)10時〜16時

・場所:仙台メディアテーク 1F オープンスクエア

 ※入場無料、申込み不要

・FEEL Sendai事務局問合せ先
 TEL:022-214-0007 
 Mail: feel_sendai@city.sendai.jp
 HP: http://www.feel-sendai.jp/kankyoforum/
 
資料2-7chirashi2013-1.jpg
 
 "こどもにやさしい八木山"をテーマに、東北文化の日に3会場で「秋の八木山フェスタ」が行われます。動物公園では、動物とのふれあいや江戸家小猫の動物ものまねライブなどが、ベニーランドでは、こどもショップやたこづくり教室などが、東北工業大学では、コーラス合唱やフルート&サックスのソロ演奏コンサートなどが催されます。
 宮城教育大学では、八木山動物公園ビジターセンターにおいて、動物のふしぎをテーマとした骨のパズルや外来生物の学習をおこないます。

○イベント名:秋の八木山フェスタ (あきのやぎやまフェスタ)

○開催日時:2013年11月3日(日) 9:00~16:00

○開催場所:仙台市八木山動物公園、八木山べニーランド、東北工業大学

○所在地:
 〒982-0801宮城県仙台市太白区八木山本町1-43
○交通アクセス
 JR「仙台駅」から仙台市営バス・宮城交通バス「八木山動物公園前」下車

○イベント料金:入園無料(八木山動物公園、八木山べニーランド)

○主催:秋の八木山フェスタ実行委員会

○問合せ先:仙台市八木山動物公園 022-229-0631

八木山フェスタ1.jpg 八木山フェスタ2.jpg
 宮城教育大学において、第46回環境教育コロキウムを下記の通り開催いたします。
 今回は、本センター長の鵜川 義弘 教授に講演をしていただきます。
 是非、お気軽にご参加下さい。

 日 時:2013年9月25日(水)16:30~
 場 所:青葉山体験学習室
 講 師:鵜川 義弘 先生(環境教育実践研究センター長)
 参加費:無料

 テーマ:「スマホでその場の津波の高さがわかる防災教育アプリの開発」

 内容:
 先の東北地方太平洋沖地震により防災教育の重要性が認識される中、まだまだその教材は不足している。本年度から、環境研では、スマートフォンのカメラ越しにその場所の津波の高さが見えるアプリの開発を行っているので、そのシステムの紹介をする。
 環境研ではバタフライガーデンなど学内の環境教育教材の説明にスマートフォンの拡張現実アプリを使っているが、同様の方法で、東北大学工学研究科および原子力安全基盤機構津が作成した津波痕跡データベースよりデータを取得し、津波の高さを表示できるものとなっている。  電柱や建物に津波高などの表示を進める取り組みはあるが、この方法では、看板の設置無し、スマートフォンのみで、津波の高さがわかる。
 今後、海抜、津波避難場所・津波避難ビル表示などのデータを表示できる防災教育アプリとして開発を進め、防災教育に役立てたいと考えている。


(問合先)
宮城教育大学教務補佐員 担当:福地

TEL:022-214-3537
FAX:022-214-3679
E-mailは をクリックしてください。

前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

〒980-9845
仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学
環境教育実践研究センター
TEL:022-214-3679
FAX:022-214-3679

総閲覧者数:



現在の閲覧者数: