宮城教育大学において、第44回環境教育コロキウムを下記の通り開催いたします。
 今回は、本センターの協力研究員であるラザロ エチェニケ氏に絶滅危惧種である「キューバソレノドン」について、動画、写真とともに講演していただく予定です。
 学生の皆様はもちろん、一般の方々も是非、ご参加ください。

日 時:2012年6月18日(月)13:00〜
場 所:420教室
講 師:ラザロ エチェニケ 氏(環境研協力研究員)

テーマ:「キューバソレノドンの再発見 ~恐竜時代/西インド諸島大絶滅時代を生き延びた!~」

内容:
 恐竜が絶滅した、今からおよそ6500万年前、地下に巣穴を作って暮らす、小さな夜行性の哺乳動物たちがいた。唾液に毒を持つ種類も多かったということは、化石からもわかっている。骨格も、現在の哺乳類とは違っていた。
 1836年に発見されたキューバソレノドンは、こうした初期の哺乳類と形態的にも、その他の多くの特徴においても、非常によく似ていた。彼らは、毒のある唾液を持ち、夜行性で、キューバ東部の山岳地帯で地中に巣穴を作って暮らしている。近年の遺伝学的調査で、キューバソレノドンと、その近縁種であるドミニカンソレノドンは、アメリカの他の哺乳類の祖先と約7〜8千万年前、すなわち恐竜の大量絶滅より以前に枝分かれしていたことがわかっている。しかし、キューバソレノドンは最初の発見の後、ほとんど発見されておらず、このため過去には繰り返し、絶滅したものとみなされていた。過去50年間では、偶然に発見された個体が数頭いるだけである。そのため、捕獲に必要な情報は今年まで全くといっていいほどなかったのである。
 この特殊な動物を捕獲するために、北海道大学、筑波大学、宮城教育大学の研究者のチームが1年半に渡り準備を行い、唾液の分析とこの種の保全のために調査を行った。3月14日から4月15日までの現地調査は、キューバの最も人里離れた地域であるアレハンドロ・ド・ウンボルト国立公園で実施され、カリブ海地域の動物学調査史上、前人未到の成果を得ることになった。調査チームはこの 種の健全な個体群を発見し、カリブ海域の人類定住によって起きた生物絶滅の波が、まだこの種に及んでいないことが明らかになった。
 コロキウムでは、これまで誰も見たことのない、キューバソレノドンの動画、写真を紹介する。

問合先
宮城教育大学環境教育実践研究センター 担当:桔梗(ききょう)
TEL/FAX:022−214−3679

E-mailは をクリックしてください。

 宮城教育大学において、第43回環境教育コロキウムを下記の通り開催いたします。
 鵜川先生によるスマートフォン等の機器についての講演や西城先生による学部講義内でも行われている炭焼き実習の体験を予定しております。
 コロキウムの後は、実習で作った炭を使った食材持ち寄りのバーベキューパーティを予定していますので、皆様ふるってご参加ください。

 ※学生の方、ご家族連れでの参加大歓迎です。

◎日 時:2012年4月28日(土)
 13:00 講演
 「携帯/スマートフォン/タブレット型PCと教育」
  講師:鵜川 義弘 氏(環境教育実践研究センター長)
 14:00 炭焼き実習
  講師:西城 潔 氏(社会科教育講座・教授)
 15:00 懇親会(バーベキュー)

◎場 所:宮城教育大学青葉山体験学習室

◎講演内容:
 スマートフォンやタブレット型PCの普及がめざましく、Andoroid携帯、iPhone、iPadなどが大変良く売れています。
 教育面では、教室にiPadを導入して電子的な教科書として児童に使わせる方法、 スマートフォンやタブレットPCを従来の電子黒板の代わりに使う方法が模索されています。
本学でも、オープンキャンパスの案内にスマートフォンを使ったり、 環境教育概論では屋外で実物を見ながら解く課題も出されて学生には好評でした。これらの実例をご紹介する他、 児童生徒自身が持つ携帯やスマートフォンについて、その問題点もご紹介し、これらの新しい機器と教育についてご一緒に考えたいと思います。

◎懇親会参加費:
 大人:1,000円
 学生及び子ども:無料(ただし、飲み物は持参ください)
 ※差し入れ大歓迎です。

◎問い合わせ・申込み先:
 宮城教育大学環境教育実践研究センター 担当:桔梗(ききょう)
 TEL/FAX:022−214−3679
 E-mailは をクリックしてください。

※懇親会に参加を希望される方は必ず4/25(水)までに申し込み下さい。

 仙台市八木山動物公園において、本センターの斉藤千映美教授が下記イベントの講師をおこないます。

「青葉山どうぶつ探検隊」

○日時:2012年3月24日(土)13:00〜15:00

○場所:八木山動物公園ビジターセンター研修室および園内

○内容:
'杜の都 仙台'を象徴する山としてなじみが深い青葉山。
そこでは、都会のそばとは思えないほどたくさんの動物たちが見られます。
山を歩きまわるカモシカや
夏にやってくるツキノワグマ
夜の森を飛ぶムササビ ―
青葉山で見られる動物の種類と、
山での暮らしや探し方について、宮城教育大学環境教育実践研究センター教授の斉藤千映美氏がお話しします。
身近に住む野生動物を知って動物たちが山道や木に残したあとにふれてみよう。

○定員:50名(先着順)

○申込み方法
電話、Eメールまたはファクシミリ(イベント名、氏名、住所、連絡先を記入)で、3月6日9時から八木山動物公園へ

八木山動物公園 管理課
仙台市太白区八木山本町1丁目43
電話 : 022-229-0122 ファクス : 022-229-3159
E-mailは をクリックしてください

seminar201203.jpg
 宮城教育大学において、第42回環境教育コロキウムを下記の通り開催いたします。今回は、本センターの協力研究員である橋本勝氏に発表していただきます。
 学生の皆様はもちろん、一般の方々も是非、ご参加ください。

日 時:2012年3月16日(金)9:00〜
場 所:環境研客員研究室
講 師:橋本 勝 氏(環境研協力研究員)

テーマ:「骨を読む」

 日常触れる機会が少ない動物の骨ですが、少し想像を働かせてみれば、それは我々の目に触れないだけで、常に身の回りに無くてはならないものとして存在していることが分かります。
 「骨を読む」とはどういうことか?をテーマに、コロキウムでわかりやすく解説します。
 私はこれまで動物調査において、野生動物が食べ残した骨から、捕食関係(食物連鎖)を解明してきました。その調査研究には骨格標本が重要な役割をします。標本の大切さを大学生たちにも理解していただきたいと考え、少しずつ作製した骨格標本を環境教育ライブラリーえるふぇに寄贈してきました。標本に関心を持った学生には、実際の骨格標本作製の実技補助の手伝いもしました。
 昨年は、大井沢自然博物館・山形大学やまがたヤマネ研究会主催の「ホネっこ展」に共催出展として、環境教育ライブラリーえるふぇ収蔵標本を活用しました。
 同じくえるふぇ収蔵標本と、八木山動物公園で保管されている骨格標本とのコラボレーションによる企画展「ホネのミステリー」を開催中です。それに伴って、動物セミナー「どうぶつのホネ 被災したイルカからわかること」をテーマに講演しました。
 今後のえるふぇの収蔵標本の充実化と教育現場における教材としての活用を開発していきたいと考えております。

問合先
宮城教育大学環境教育実践研究センター 担当:桔梗(ききょう)
TEL/FAX:022−214−3679

E-mailは をクリックしてください。

 宮城教育大学において、第41回環境教育コロキウムを下記の通り開催いたします。今回は、本センターの協力研究員である林守人氏に発表していただきます。
 学生の皆様はもちろん、一般の方々も是非、ご参加ください。

日 時:2012年3月13日(火)13:30〜
場 所:環境教育実践研究センター1階客員研究室
講 師:林 守人 氏(環境研協力研究員)

(講師略歴)
専門は進化生態学、行動生態学,島嶼生物学。静岡・東北大学を通して島嶼生物学の第一人者千葉聡に師事、伊豆地域におけるカタツムリを用いた地理的変異および種分化の研究を行ない2004年博士号取得。その後英国ノッティンガム大学にて人口群島における動物群集解析グループを立ち上げ、これまで知られていなかった陸上グモの多彩な水上行動や初期の島嶼群集において分散力の減少が生じる事を明らかにする。本年度より宮城教育大学協力研究員。

テーマ:
「Power of tiny legs!  -クモが水面で脚を挙げれば地球規模の生態系に影響が波及する-」

内容:
 近年、生物の風媒分散が及ぼす生態系・人間社会への影響が注目されている。この風媒分散は風の力により比較的長距離、時に地球規模の移動を可能にするが、どこに着地するかも分からないリスクを併せ持つ。特に地球がその表面の七割以上を水で覆われている事を考えると、この風任せの分散方法には常に着水の危険が付きまとう。発表者は、陸上グモが脚で風を受け水面を帆走し、糸をアンカーとして停止するといった多彩な水上行動を持つ事を突き止め、これらの行動が風媒飛行時の着水に備えたバックアップシステムである、という仮説を立てた。本発表ではこの仮説の検証を行なうと共に、わずか数ミリのクモが水面で脚を挙げるという小さな行動が惑星レベルの広範な生態系に影響を及ぼす可能性について言及する。

問合先
宮城教育大学環境教育実践研究センター 担当:桔梗(ききょう)
TEL/FAX:022−214−3679

E-mailは をクリックしてください。

前の5件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18

〒980-9845
仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学
環境教育実践研究センター
TEL:022-214-3679
FAX:022-214-3679

総閲覧者数:



現在の閲覧者数: