top-image.jpg

 2015年7月18日(土)に本学にて、せんだい環境ユースカレッジ受講生向けの体験活動を行いました。せんだい環境ユースカレッジとは、仙台市環境局における事業の一つで、環境について学ぶ講義や環境活動団体等での実地体験、環境イベントへの参加・発表等の実施により、環境教育・学習に携わる人材のさらなる広がりを進めていくものです。

 同日には、環境交流サロンの環境学習親子体験講座も実施され、これらの見学を通して子ども達への環境学習指導のありかたを学んでいただくと同時に、日常行っているヤギのお世話体験や、乳搾り、チーズづくりなどを体験して頂きました。受講生は、これらの活動を通して、環境教育の重要性を楽しく学んでいたようでした。

DSC07713.JPG DSC07903.JPG

 2015年7月18日(土)に本学にて、仙台市環境交流サロン・環境学習親子体験講座「親子で学ぶ身近な自然〜わたしたちを支える生き物たち〜」を開催いたしました。

 このプログラムは、仙台市環境局環境共生課「環境交流サロン」との共催で実施されたもので、仙台市内の小学校3・4年生とその保護者を対象に、ヤギとのふれあい活動を通して身近な生きものの小さな営みが自然環境や人間の食や生活にまでつながっており、多くの恩恵を受けているということを学んでいただくものです。

 午前中には、斉藤千映美教授や自然フィールドワーク研究会YAMOIの学生の指導のもと、ヤギやウコッケイとふれあったり、餌やり、ヤギの乳搾り体験などをした後、絞った乳の試飲や、チーズづくり体験を行いました。午後は、学んだことを絵や作文にまとめ、一人ずつ発表を行いました。子どもたちは、これらの体験活動を通して、初めて会うお友達と協力しながら、動物と人とのつながりを楽しく学び充実した時間を過ごしていました。

DSC07726.JPG DSC07791.JPG

DSC07896.JPG DSC07946.JPG
 
 本センターの協力研究員であるラザロ・エチェニケ先生が進めている「キューバソレノドン」に関する研究が、河北新報にて紹介されました。

 キューバソレノドンとは、キューバにすむ世界最大級のモグラの仲間で、生態がほとんど分かっていない動物です。捕獲例が非常に少なく、本格的な学術調査は初めてであり、哺乳類学の空白を埋める取り組みとして注目されています。

 詳細は、河北新報のWEBサイトで閲覧できます。是非御覧ください。

 河北新報 ONLINE NEWS
 「謎の哺乳類?世界最大級モグラの生態に迫る」
 本センターの協力研究員である林守人先生がプロジェクトリーダーを務める国際共同研究チームは、陸上動物であるクモが風の力を使い、ヨットの様に水上を航行する事を発見し、長らく説明の難しかったクモの飛行能力を維持する機構が、これらの水上行動と関連している事を明らかにしました。
 本研究成果は 2015 年 6 月 30 日(英国夏時間)に BioMed Central 出版によりプレスリリースを受け、2015 年 7 月 3 日(英国夏時間)に発行される科学誌「BMC Evolutionary Biology」のオンライン版に掲載されました。

宮城教育大学プレスリリース

BMC Evolutionary Biology
 Sail or sink: novel behavioural adaptations on water in aerially dispersing species

 2015年6月22日(月)に宮城教育大学附属幼稚園において、ヤギとのふれあい学習が開催されました。

 子どもたちは今年生まれたばかりのヤギを囲み、ふれあいや餌やりをしながら、目の形や食べる様子、毛の柔らかさ等をよく観察していました。また、子どもたちからは「ふわふわ!」「かわいい!」「またヤギ来る?」などの声があり、とても楽しかった様子でした。

 6月26日(金)にも、附属幼稚園にまたヤギが遊びに行く予定です。

DSC07599.JPG DSC07669.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

〒980-9845
仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学
環境教育実践研究センター
TEL:022-214-3679
FAX:022-214-3679

総閲覧者数:



現在の閲覧者数: